身近な病気は一番危ない!うつ病の種類について

クリニックを選ぶコツ

ハート

うつ病かなと思ったら、心療内科や精神科で診てもらうのが良いです。でも、全国には数多くの専門クリニックが存在しているため、どこが良いのかわからな方も少なくないでしょう。それに初めて受診するとなると、良し悪しの区別がつかない方もたくさんいます。そういった方のためにこういうクリニックや医者には要注意というチェックポイントについて紹介します。
クリニックを選ぶチェックポイントは大きく分けて3つの種類に分けられています。「診察」「処方薬」「対応」です。
「診察」というのは、うつ病なのかどうなのか診断する際に、ちゃんと人の話に耳を傾けてくれているのかです。どういった症状で、どんな種類のうつ病なのか診断してくれると良い医者です。悪い医者の場合、話を聞いてくれず、相槌ばかりで会話という会話ではないのにうつと診断することがあるそうです。そういった医者はろくに話を聞いていないことがあり、誤診する可能性があるそうです。万が一そういう医者に会った場合は、別のクリニックにすることをオススメします。
続いて「処方薬」です。うつ病の薬には副作用があり、身体に負担を掛けてしまうものがあります。そういった副作用の説明をしっかりとしてくれないクリニックは要注意です。薬の説明をするのは医者の仕事です。説明を怠っている医者がいるクリニックはやめたほうが良いでしょう。うつ病にはたくさんの種類の薬が処方される場合がありますが、一つ一つ丁寧に説明してくれる医者やクリニックは信頼しても良いといえます。
最後に「対応」です。コチラは予約が取りづらいクリニックの対応についてです。どうしても次の予約が数ヶ月後となると、その間に何か起きても対応できません。次回の予約の期間が短い方が安心でしょう。この3つの種類を参考にうつ病の専門クリニックを選んでください。

To Top